読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵画・・・?

1年半ぐらい前、弊社の見目麗しい男性社員さんと、中村里砂ちゃん激似のバイトさんが話しているのを見た時、

「ふわぁぁぁ・・・すごい・・・絵画みたい・・・」と思いました。

 

 

めっちゃ楽園のカンヴァスですよ。

 

働き始めで双方に情報がない時だったのと、二人とも、現実味のないレベルのルックスの良さのせいか、コミックのカラーイラストみたいでした。

 

社員さんがオーラのような光を発しており、バイトさんは目がハートになってて、こんな場面が少女コミックにありそう。

 

私はもう立派なおばさんなので、・・・でももし私が既婚で子供がいたりしたら、もっと心底、あらぁコミックから抜け出てきたみたいね!と思って、終わりだったのかな。

 

話を元に戻します、私は立派なおばさんなので、激しく胸がざわつくことはなかったのですが、

自分が二十歳前後だったら、見ただけで傷つく絵画だったような気がしてなりません。

 

この服とか、彼女だったらどれだけ似合うんだろうと思ったら、目から汁が。

最近、着飾ることに対する執着心が戻ってきた感じで・・・。

 

 

 

一度、公開して削除、その後も何度も推敲して結局、下書きのままの記事があります。

 

すごい惨めだった経験を開帳しているのですが、

説明できないもやもやした気持ちが解決できず、公開を躊躇しています。

 

端的に言えば、モラハラ気質な男性を好きになり、自尊心をボロボロにされた話です。

 

その男性と没交渉になって2年後、まさかまたこんな不愉快な思いをさせられるって、私って一体・・・とどんよりしたのが、去年の今頃だったと思います。

 

でもその翌々日ぐらいに、上記の男性社員が来店されて、どんよりが緩和されてありがたかったです(滝汗)

 

その男性社員さんと初めて至近距離で目があった時、あまりに綺麗で心臓が痛くなったのですが、その時、

「あぁ、こういうマンガみたいな出来事もあるんだから、生きてみようかな」と思いました(冷や汗)

 

所作といい、声のトーンといい、長くイケメンで過ごしている人感(?)がすごく、

お会いしても、「あ・・・あぅ・・・お疲れ様です。」ぐらいしか言えないと思うのですが、肉眼で見たいです。

 

圧倒的に美しいものって、本当、パワーがあるよなぁと思います。

 

最近、ハンドメイドの委託販売を再開したのですが、作るものをちょっと変えようと思っています。

 

私自身が美しいものになれないけど(滝汗)

美しいものを作りだすことはできるようになる、かもしれない。

 

主に刺繍アクセサリーを作っていて、子供っぽいテイストなのですが、

写実的なものを作ってみようかなと思案中です。

 

アクセサリーって買ってもらって身につけてもらうものなので、こちらの気分や体調が芳しくない時は作らないようにしているのですが、

そろそろ作業を開始してもいい・・・かな?もうちょっとかも。

ピーコとマツコ、と、斎藤一人

THE図書館で借りた本2冊です。

 

  

ピーコの本の表紙に

『ハッピーなおばさんになりたければ、お読みなさいっ!』って吹き出しでピーコが言ってて、

なりてえ・・・ハッピーなおばさんになりてえよぉと借りました。

 

あとマツコデラックスと対談してるページを読みたかった。

 

2人の対談、ページ数は普通なのに、内容的にボリューム満点で胸やけがしたけど、40代に突入するにあたって読んで、良かったと思いました。

 

私のように、パートナーも子供もいない女性って自分のことばっかり考える時間がありすぎるせいで自爆する傾向があるので。

特に私は、自分の時間が有りあまってる系です。

 

昨今のCM批判ですが(コスメや生理用品やおむつ)、

とりあえず私はソフィのCMの内容を知ってぐったりしたので、

嫌な気分がなくならないうちはソフィ商品買わないことで抗議しようと思います。

 

CMを見ても何も思わない人もいるだろうし、私も一生、買わない!と気炎を挙げるつもりはないです。 

 

 

あと斎藤一人の本って、読んだことあるんだかないんだか分からない本なのですが、

辛い・・・同じ空気すいこーむー毎日が慣れないできごーと(by黒夢)という状態だったのでふらりと借りました。

 

でもやっぱり読むの無理だった・・・。

最初の数ページ読んで、本を閉じました。

 

 

疲れてると、心の隙をつかれるってこのことかも(滝汗)

 

スピ系の人って、有名神社に行ったらこんな不思議な現象ががあったみたいなことを、自分でレコメンドしてくるのがデフォですね・・・。

 

あと引き寄せブログ書いてる人が、「食べたいなと思っていたケーキ屋さんのケーキを誰それが持ってきてくれた」というのもデフォルト設定な気がする。

 

前の職場のパートさんのご兄弟が霊感が強い方で、随分、悩まれたそうなのですが、

普通の会社員として生活して、定期的に無償で神社にお仕えしてるそうです。

 

そういう能力があっても、ひけらかすかひけらかさないか、商売にするかしないかって大違いだなと気づいて。

 

一時期、引き寄せやスピにすがっていたのですが、ちょうと目の覚めかけた時期で、

その話を聞いて、完全に目が覚めました。

 

今の私の悩みは、考えても仕方のないことを考えない、ことができないことです。

 

早口言葉か!

 

・・・頭はへとへとなのに体が疲れてなくて、バランスが悪くなってるのかも。

今度の休みはプールに行きます。

 

どうか皆様、いい睡眠をお取りください。

 

 

元キューティーっ子アラフォーの彷徨い

シンプルに『しまむらで服を買わない』って書いた紙をPCの前のコルクボードに貼っています。

 

今まで散々、ファストファッションで散財したもん・・・。

 

しかし先日、しまむらで買った白のレーストップス、好評でした。

私の褒めてぇーーーオーラに周りの人達が答えてくれただけかもしれないけど(恥)

 

羽織っていったロイヤルブルーのニットもしまむらで980円だったのに、

綿50%アクリル50%で、着心地の良さと洗濯の耐久性を兼ね備えてるんですよ・・・。

 

やべーやべー、舞い戻りそう・・・。

 

―落ち着いて―水出し緑茶を飲みました。

 

アラフォーってファッション難民になりがちな年代だと思いますが、

元キューティーっ子も無難なファッションに落ち着いているんだと思われます。

 

それかファッション系の仕事に就いて、今も着たい服を着ているとか。

 

私、10代後半から20代前半、まともな日常生活を自分を着飾る行為にレ×プされたような日々だったんです・・・。

ルックスがよくないというコンプレックスと自意識が逆噴射した結果なんですが。

 

 

CUTiE、休刊直前、AKB系列の子?がモデルしてたと知って、往年のキューティーっ子としてはちょっとぐったりしました。

  

ダイエットのモチベーションが、かわいい服を着たいというプリミティブなものに帰結しちゃったので、

(あとドカ食いしてる自分が辛いし、THE自己憐憫ですがかわいそうに思えて)

 

久保ミツロウ氏ツイートより引用

 

Return to myself...1日の9割は誰からも愛されない普通の中年女性として生きる日々...uh

 

 自分で自分を肯定できなくなるって、辛いですけん。

 

クローゼットを本格的に衣替えしつつ、これからどんな服着ようとおろおろしていたのですが、図書館で見つけました。

 

 

これ、買おうか迷って予約したのですが、これまた散々待たされてキャンセルした本でした。

 

でも今、このもやもやとした気持ちにジャストフィットな内容でした(感涙)

 40手前で[クローゼットの新陳代謝を考える合図]なんだなと。

 

断捨離やシンプルライフとは逆行しちゃうけど、先日、姿見のミラーを買おうと決意しましたが、先に拡大鏡を買おうかなと思います。

 

あとはアクセサリーも見せる収納というより自分が見える形での収納方法を考えてみます。

 

予約が回ってこなかった時はイラッとしたのですが、このタイミングでこの本を読めてとても良かったです。

 

 これと一緒に読むと相乗効果で更にいいかも?と思ったのですが、へりくだる訳じゃ無く、アラフォーって気力体力も読解力も落ちてるからなぁ・・・。

 

これも良本でしたが、一気読みする必要なないかも(汗)