腕時計

先日、ネットで買って売った腕時計の代わりにプチプラ腕時計を買ったわけですが・・・。

意外とお気に入りになったものの、それでもまだ欲しいです(汗)

 

プチプラだとこの辺りかなぁ。

 

 

レザーベルトは夏場、汗をかいて裏側がベロベロになったりするし、ステンレスがいいのかしら。

 

 

 

 

 

これ、フェイスの直径がもう少し小さめだったら・・・うーん。

ソーラー電池、便利です。

 

 

このブルーがかわいい。

 

 

 

 

結果的に何がなんだかよく分からなくなってきました。

 

母にはひとついいものを買いなさいと言われるし、実際、そっちの方が賢い選択だし、最近の傾向のものは少なく良質なものをに反しているけど、

 

時計をいくつか使って、気分を切り替えていくんじゃい!と思っています。

 

ヘアスタイルやメイクを変えるのもいいけど、

自分が頻繁に見る腕時計を変えるのは、思っていたより、簡単な気分転換になって、

私にはとても有効でした(笑)

NEWクレンジング

以前、肌質が悪くなったと実感した時、クレンジングを変えようとちょっとお高めのクレンジングを探したのですが、これぞという品が見つかりませんでした。

 

結局、ダウのミルククレンジングとアテニアのオイルクレンジングを使っていたのですが、 

私が敬愛する大高先生がDUOのクレンジングを愛用されてると知りました。

 大高先生の愛用品を真似して使ってみて、何品か合わなかったものありましたが(汗)それは致し方ないことです。

 

 

 

某コスメの人気商品ですが、相当、現品をばらまいてるし、アフィリエイトブログに出てくるイメージで。

近所のドラッグストアに売ってるけど、遠巻きに眺めるだけでした。

 

そして3880円という微妙な値段。

 

でも3000円代、近所で買えるという希望にあっているので、買ってみました。

 

ザリっとしたバームが肌にのせるとミルクとオイルの真ん中のようなテクスチャーになって驚きました。

 

しっとりとして、毎日使えば確かにくすみが消えるような洗い上り。

 W洗顔不要なのも手軽で良かったです。

昔は家についたら、手を洗ってメイクを落として着替えるくらいだったけど、体がついていかない(震え声)

 

普段はプチプラ2品なので、職場で辛いことがあった時に気分を切り替える時にでも使おうと思います。

 

でもそんな頻繁に辛いこと、起こって欲しくないけど。

 

 

 

最近、本当に年配のお客様のありえない言動に、心身共にへとへとです。

 

私の両親もいずれ年を取るので、なるべく年寄りはぁ~などと言いたくないのですが、

老害という言葉がちらつきます。

 

そして、今はまだ家に帰れば両親がいて、疲れたよと愚痴れるのですが私、

 

これから先、そういうストレスなことが起きた時に、更に心が折れるようなことがあったら、果たして自分を保てるんだろうか。

 

私、最低でもあと20年ぐらい働かなきゃいけないんすけど。

働かせてもらえるのかしら?(震え声)

 

親の介護が現実的になりつつあるけど、まさか私がきちんと介護できるとは思えないのですが、最後を看取ることができるのかな・・・。

 

ストレス発散がめちゃくちゃ下手なので、発散というか気持ちを切り替えるスイッチをたくさん作ろうと思いました。

 

あとやっぱり、友人を作った方がいいんだろうなぁ。でも考えただけで、目の奥がジクジクします(滝汗)

THE解決策!!!を狙わず、ほどほどに悩みながら方法を考えます。

 

DUOのクレンジング、これからも使おうかなと思案中ですが、

ドラッグストアのポイントを貯めて、500円引きで買うようにするの、いいかもしれません(苦笑)

?

 

この本、エビデンスが明らかであるとのことで予約して図書館で借りたのですが、いまいち、わかりませんでした。

 

論文の引用元や実験の数値などを細やかに開示して欲しいわけではないし、

私が文章を読み解けてないのか?と思いましたが、普通過ぎるくらい普通のメンタルヘルス本で。

 

読みにくくて分かりにくく、1/4ぐらいで読むの止めました(汗)

 

あまり不必要に本を読まないと決めた中で、評判が良かったので読んでみよう、と変に期待しすぎてたのも原因かもしれません・・・。

 

  

上記の本のように、色々な人がでてきて対処法が書いてある訳ではなく、

ある意味、一男性の回顧録ですが、こちらの方が読みやすくて分かりやすいと思いました。

 

瞑想というかマインドフルネスのやり方や効能を知りたい方におすすめです。

あとスピで人生をおかしなことにした人にも。

 

 

 

去年は図書館でブラウジングで本を借りないことにしたのですが、やっぱりその縛りを再開しようかなと思いました。

 

というのも、上記の本を借りようと久しぶりに図書館に行った時、ほぼ無意識に自己啓発系の棚を眺めていて(滝汗)中をチラ見して、げんなりして。

 

あぁ私、自分から不快なものに寄っていってるじゃん!と驚いたのですが、

私の中の大阪のおばさん(?)が

 

[気持ちは分かるけど、もうええがな!]

 

 

と突っ込んでくれました。

 

 

そそくさと帰って夕食を作りながら、

本を読まないのも結局、パソコンを立ち上げてしまうので、眺めるだけで楽しい刺繍の本を中心に借りようかなと思いました。

 

視覚聴覚から受けるものって、普段の生活に影響してるんだろうなと思ったら、

本当、習慣や無意識って怖い・・・と改めて感じました。