読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綺麗の福音 大高博幸

今、地味にハイテンションになってると思うのですが、ちょっとがつがつブログを書かせてください。

クリスマス前から昨日まで、何なら恐らく、1月9日まで仕事がすごい忙しいと思います。

年末年始、ずーーーーっと忙しくて、でもいくら売り上げが良かろうともパートタイマーである私には何のメリットもなく、ただ労働力と時間を搾取されてる感がすごかった。

時給もあがらねーし。クソって失礼。

お年始に社員の人達からお年玉とポチ袋を頂いたのですが、それは本当にありがたいことで感謝してます。

本の話に戻しますね。

忙しくなってから、職場→スーパー→家の往復で、すごい何か・・・所帯じみてるっていうんですの?

私、未婚ですけど。子供もいません。両親と実家で暮らしています。

自分は何も食べたくなくても両親(主に父)に夕食を作らねばならず、疲れとストレス満載な上に料理を作らねばならないということの辛さを知りました。

たかだかパートの仕事と最低限の家事をしただけでくったくたなんです。

とりあえず、その日に受けたダメージは、ネットを見ることで発散じゃないな、とりあえずシフト通りに働くためにストレスをごまかすために、頭ではこんな情報を仕入れても無駄だし、何より寝ろっ!!!と分かっていてもネットに齧りついてたような気がします。

今度こそ、本の話に戻しますね。

夜、寝る前に精神安定剤を服用するかのように、これをパラリ、と読んでいました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 綺麗の福音 /大高博幸(著者) 【中古】afb
価格:108円(税込、送料別) (2017/1/5時点)


2003年発行・・・。

多分、ブッコフで買ったものだと思いますが、購入してから何度も行った本の処分をすり抜け、未だに手元にある一冊です。

この世に生まれてきた者は、誰もが愛されて生まれてきたのです。

女の子なら、綺麗に育ってほしい、優しい子になってほしいと願いを込められている。

だから僕は、心から思うのですよ。その期待を裏切ってはいけませんよ、と。

その気持ちに応えるあなたであってほしいのですね。―引用―

・・・泣けます、打っていて涙がでてきました。

私、何一つ応えちゃいねえ!!!

でも今は仮の姿。忙しいからね、私が本気出したらこんなもんじゃkでゅhtl;あえ:dsdkj-4と眠りについていました。

後、これは図書館で読んだことあったけど手元になくて、ブッコフオンラインの送料対策で買ったのですが、これがあったほうが上記の本をより楽しめ、より理解できました。


うーん、両方とも絶版で書店では手に入りませんね・・・。

最近、新刊を出してらっしゃらないのですが、雑誌の美的に連載されてますし、美的com.というサイトでもコラム的なものをUPされてます。

お薦めなのでそちらをまず、ぜひご一読ください。