もうミスらない脱オタクファッションバイブル 久世

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

脱オタクファッションバイブル [ 久世 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/5時点)


図書館で借りた本です。

未だに年末の疲れが尾を引いているので、さくっと読める本をと思って借りました。

私は女性だしオタクでもない…多分、オタク気質だったと思うのですが、今は無趣味で無感動無表情無反応な生活を送っています。

仕事でいわゆる、オタクっぽい男性の接客(というかレジ)をするのですが、確かにプロトタイプか!!!と叫びたくなるような、チェックのシャツにサイズのあってないズボンにマジックテープの財布持ってる方っておられます。

本を読んでみてうーん・・・こういうかわいらしい妹のいうことなら聞くんだろうな、そして元々、平均点なルックスを持っているオタクが主人公だな、と思いました。

近所の図書館、これ置いてくれないかなー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

服を着るならこんなふうに(volume 01) [ 縞野やえ ]
価格:1058円(税込、送料無料) (2017/1/5時点)


でも、1000円以上の大判コミックって、ブッコフで100円になってからでも読むのは遅くないと思ったり思わなかったり。

逆に言えば、その程度の読みたいだと、お金の無駄になっちゃうというか・・・(汗)

何度かばっさりと本の処分をしてみて、身にならない読書ってお金も時間も無駄にすると思ったんですよね。

読書って、全面正義じゃないというかね、うーん・・・。

私が悩まされているプロトタイプ系のお客様、自己認識は「オタだけど気遣いで腰が低く謙虚で周りを不快にするオタではない」と思ってらっしゃるようですが、毎度毎度、私がやらなきゃいけない業務の邪魔をしていることに気付いてくれません・・・。

大げさに言えば、私の担当部門の売り上げ低下を招くのですが・・・。(言いがかりだけど)

パートさんに相談したら、「そういうお客さんは「あの人はくる、いて当たり前」と思うしかない。」と禅の境地みたいなアドバイスを貰いました。

でもきっとそうなんだろうなー。