読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食費35000円

うちは両親(元気で働いている)と私の3人家族で、料理と掃除は私、洗濯と洗い物は父、母は帰ってきてビールを飲み、

私が作ったものを食べて父にじゃれつく役割分担です。

去年、一か月間、ぴっしり金銭出納をつけたら、食費が一か月で35000円でした。

私は家にいれるお金+料理の作る際のお金を出して、実家に住まわせてもらってるので、食費をうまくやりくりすれば、生活費がやすくなるという算段です。

朝昼(お弁当)夜、作っているとはいえ、お米は父が買ってきますし、両親が月に1度、産直で1万円分ぐらいの野菜を中心とした食料を買いこんでくるのに。

なんども計算して、私用(?)の豆乳と牛乳代をさしひいても、35000円で驚愕しました。(その後、家計簿つけるの怖くなったくらい)

その原因、それは

父がめっちゃくちゃ食べるからです!!!

父のことが大好きな母すらひくような食べっぷりで「・・・戦後の欠食児童みたい。」と評される父の食欲。

お味噌汁とお豆腐を除いて、4品ぐらいないと食後に「まんじゅうない?」「インスタントラーメン食べる」とか言いだすんですよ・・・(震え声)

しかも、夕食の前にお酒飲むから、ちくわとかお刺身とか何か食べた上に・・・ちょっと、手が震えてきました。

ちなみに、今日の夕食は餃子(美味しい店から買ってきた冷凍)、魚の煮付け・れんこんのきんぴら・ニンジンのしりしり・残り物のほうれんそうのごまあえ・豆腐と大根とわかめの味噌汁・白菜のおつけもの・納豆でしたが、これだけ食べて父、

「餃子、まだある?台所にある??」と聞いてきました。

・・・ないよ・・・15個全部焼いて出したから・・・。もはや恐怖を感じるレベルです。

父、御年66歳なんすけど。

THE文系のTHE草食系なTHE O型なTHE・・・、・・・ねぇ。

母が新婚時、ずらーーーっと料理を並べてあげてたのが悪いんだよ(怒)もーーーー。

去年の春、父の肺に影が見つかった時は、癌か!?と再検査の結果がでるまで心配でたまらなかったのですが、結果は

肺炎の治りかけ、という謎?な結果でしてね。

正直、何か釈然としなかったものの、心の底から良かったと思ったし、感謝しましたもの。

あの気持ちを忘れちゃなんねぇと思いつつ、毎日、軽い拷問みたいな料理じゃないもん、調理をするのはなかなか苦痛です。

母が定年となり、今の職場は辞めるつもりなので、今までのように私の調理の負担は軽減することを祈っているのですが、

いっそ、やっぱり家を出たいなと思います。

職場のパートさんに父の食べっぷりを話したら、「お父さん、体格いいの?」と聞かれて気づいたのですが、ウォーキングで平均体重を保ってるんですよね。

「それは、偉いと思う。」と言われて気が付きました。

でも・・・ねえ、もう苦痛だわ。ご飯作るの。惚れた相手に作るのと、実父に作るのはちょっと違うわい。

今年から、家にいれるお金を自分で管理して、と母に申し付けられ、母が父のメインバンクに口座を作ってきました。

「将来、あなたが面倒を見てくれる時に、銀行は同じ方が楽だろうと思って。」と言われて、あぁもうちゃんとその辺りも準備しなきゃと思いました。

両親が元気で健在で、その上、二人とも働いているってこの上ない幸せで平穏な日々を送っている証拠なのになー。

贅沢病だなと思います、そして、お風呂入って寝ます。早いけど。

おやすみなさい・・・。