赤い口紅があればいい 野宮真貴

ピチカートファイブのボーカル・・・。野宮真貴様、久しぶりの単行本。

発売されたことを先日知り、書店もネットも売り切れだけど重版されるとTwitterで拝見しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤い口紅があればいい [ 野宮真貴 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/1/13時点)


予約しに書店へ出向いたものの、偶然、目に入った雑誌でスピリチュアルっぽい雑誌にちょっとコメントしてあったので、買うのを止めて、図書館で予約しました。

その雑誌を立ち読みしたのですが、「○○ちゃん←占い師?の言う通り、髪を切って良かった」程度の軽い内容でしたが・・・。

なんかちょっとだけ嫌で。

(30代前半、自分がスピに足を突っ込んでいたからこそ、拒否反応があるのです恥)

図書館で予約待ちするのと重版で入荷するのが同時期ぐらいになりそうなので予約したけど、結局、買っちゃいそうな気がするなぁ。

この2冊も長い間、本棚のいい位置に置いてあって、擦り切れるんじゃね?というくらい読みましたよ。



この本とこれ、どちらを買うか迷っていたので、こっち買っちゃったよ。ベクトル違いすぎますが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリエイターズ・ファイル(vol.01) [ 秋山竜次 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/1/13時点)


これも、図書館だ中古だと言わず、秋山に印税入るように書店で買うべし!

印税が娘さんの美味しいご飯の一部になれば、少なくとも私は本望です。