神道に学ぶ幸運を呼び込むガイド・ブック  梶謙治


以前、所有していた本で今は手放してしまいました。

一時期、お坊さんの買いた本が人気でしたが、今は神社関連の本が人気なような・・・。

先日、平積みされていた人気の神社本をちょっと読んだのですが「・・・おったまげー」と呟きそうになったくらい、めちゃくちゃな内容でした。

私がスピ&自己啓発にはまった30代前半は、とにかく疲れていました。

35歳で会社を辞めた後は、30代前半の自分の言動を思いだして、ぶっ飛ばしてやりたいと思って嘆いていましたが、今は現実を見るのが嫌なくらい疲れていたし辛かったんだ、としか思っていません。

これからまた思いが変わるかもしれませんが、責める気持ちやあざ笑う気持ちが減ってきた感じです。

私は両親と一緒に初詣でに行って破魔矢を買ったり、効果があるという(?)21日連続神社参拝をしたのですが、彼氏も結婚もできませんでした。

神社へ行く時は色々な願いをしますが、とりあえず両親と行った初詣と連続参拝の時は、順縁の相手に出会わせて欲しいがお願いでした。

連続参拝は産土神社に毎朝、21日連続お参りに行きましたよ。今考えたら、すごいな(狂ってるという意味合いで)と思います(震え声)

結局、とりあえず今現在、まったく叶ってませんね・・・。

最終的に弾丸ツアーで出雲大社に行って、気が収まった感じです。

出雲大社、重厚で綺麗な場所でしたが、商売っ気がすごかったことで目が覚めた感があります。

パワスポバスツアーに行きましたが、神社も人が多すぎて全体的に不吉な感じだったというのが正直な感想です。

紹介した本には『神様は分かるまで、何度も鉈を振るわれることもある』と書いてあって、私はパートナーを得る資格がないのかなと思ったりします。

ちょっとこれ考え始めると、あまりにも暗くなるので、しかるべきにきちんと整理して考えようと思っているのですが・・・。

あれから4年ぐらいたったんだっけ?当時だったらぎりぎり妊娠出産できた年齢だったけど、アラフォーになり、それがかなり難しい年齢になりました。

彼氏、旦那、相方(っていう人いましたよね)、何にせよ一緒に生きていくパートナーは欲しいと思っていますが、当時のような焦燥感はなくなりました。

やっぱり、もう子供もできないだろうし、無理して出会いを探したり結婚しなくてもいいなーという思いが強い。

読んだ当時は、いやいや御利益ないなら神社とか行かないんじゃないかな?と思っていた『何も起こらないことが神様に見守っていた代ている証拠』という言葉は今は身に染みます。

まだ初詣、行ってない・・・。今度の休み、行ってきます。