困ったときは、トイレにかけこめ! 星 一郎

何を検索していたのかわからないけど、アマゾーンの関連書籍で見つけて、図書館蔵書検索で調べたらあったので予約したパターンの一冊。

 

 

面白くて、ぐいぐいと読んでしまいました。

私が自称カウンセラーみたいな人の書いた本を読んで違和感を感じてた部分が解けた感じ。

 

ゆるゆる系なイラストにこういう題名だし、何より流行ったアドラーかぁ。

あれでしょ?嫌われる勇気でしょ?青い表紙でしょ?

文字を追うのが億劫になっている私に読めるかなと思いながら予約したのですが、良かった・・・!

 

30代前半の自己啓発かぶれで、この手の本の著者の略歴が気になってしまうのですが(滝汗)著者はアドラー心理学が紹介された時から啓発や研究に関わってきた第一人者で、今は子育てに関する活動をを中心にされてるようです。

 

目が痛いけど、もう一度、読みなおすか。

 

そろそろハピタス書店に頼んだこれも到着します。

 

これも相当、読みごたえがある本のようなのですが、上田啓太さんが(確か)オモコロで紹介してあって興味を持ちました。

 

アマゾーンで検索するとなかなかの高評価だけど、中身を確認しないで買う&なかなかのお値段なので悩みましたが、薄い抑うつ状態が続いている私には必要のように感じました。

 

上記の本と一緒に読んだら、相乗効果が得られそうな予感がして、到着が楽しみです。

 

 

 

本を読んで今の欝々が一発逆転!そして解決!とはならないかと思いますが、これからも寿命がくるまでは生きていかねばならないわけで。

 

 

ちょっと収まったのですが、異常な買い物欲と食欲はストレスのはけ口だし、今までと同じストレス→ストレス発散→のつもりが更なるストレスを呼ぶ、の繰り返しで、

同じ場所で足踏みして、自分でガッチガチに踏み固めた足元で膝を壊した感覚です。

 

水が溜まってるから抜かなきゃいけないのか、炎症を起こしてるから冷やさなきゃいけないのか温めなきゃいけないかもわからないけど、膝痛い・・・風景も変わらないし。

 

スピと自己啓発にはまったのって、ちゃんとケアしなきゃいけないのに、ヒアルロン酸が足りないと○潤をがぶ飲みしていたようなものなのかもです。

 

○○人をカウンセリング!みたいな煽り文句は、モン×××クションぐらいの価値もないみたいな。

 

・・・。