読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやな気分よ さようなら コンパクト版 デビッド・D・バーンズ

ハピタス書店から届きました。

ドキドキしながら中身を確認したのですが、気が向いた時に数ページづつ読んでいけそうです。

びっしりと文字が詰まっていますが、文章が固くない印象。

 

 

あまぞーんのレビューを書いてた方達の中にうつ病であることを名言されてる人達がいらっしゃいましたが、私、10年前にうつ病で通院経験があるのですが、その時、本を読む気力体力なかったです。

 

本好きな私でも、文字を追うことすら無理だったし・・・。

 

迂闊な発言だと思うものの、これ読めるなら、改善に向かってらっしゃるのでは?と思います。

 

中身を確認せずに専門書寄りの本をえいっと買ったのは、もうこの手の本を読みたくなかったからです(汗)

 

図書館にあると、つい借りてぱらっと読んじゃうのですが、いいこと何もない・・・。

無料のなせる技じゃないけど(滝汗)

 

 

 

最初の本については、本を読んだ印象とブログの印象がかなり違って、著者が書いたようには思えませんでした。

 

ブログに書いてある内容を他の人がリライトしたような・・・。

 

でも、

「引き寄せや神社通いをやめよ」

「20代を事務職で手取り10万代で過ごした人は負け組」などなど、耳が痛いけど真実が書いてあると感じました。

 

私が30歳の頃に読みたかったです。

 

 

二番目の本は読んだけど何も覚えていません。

 

著者のブログを拝読したら、潜在意識がぁ~とか、とか月乃さんは勘がいいですね!と驚かれました~みたいなことが書いてあって、自分で自分はすごいと言い聞かせてる感じがしました。

 

元小悪魔の蝶々ぐらい、自分を高く見積もった方が生きていきやすいですよ?と思いました。

 

 

この2冊がこの手の本の本を読むことを最後にしようと、いやな気分よさようならを買ったような部分もあります。

専門書寄りで普段、買ってる本より高かったけど、図書館で無料だから、と惰性で本を読むって時間の無駄使いだとひしひしと思いましたし。

 

活字中毒は治りませんでしょうし。

 

吉とでますように!いや、吉にして見せます!

ハピタス書店、お薦めです。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス