読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心がえぐられる

今日、仕事中、ショックなことがあり、夕食を手抜きしました。

 

できあいのチキン南蛮を買って帰って、アボカドと炒り卵のサラダと昨日のお味噌汁にわかめを加え。(わかめのたいたん、的な)

 

で、このブログを書いています。

 

私の職場のパートさんが、外国人のお客さんに不親切な接客をしてたんです・・・。

来日したばかりの学生さんのようで、日本語が聞き取りにくい片言だったのですが、普通はこちらがそれを理解しようという姿勢だと思うけど、軽い無視&半ギレ状態で。

 

お客さんが「日本語を勉強しています、ごめんなさい。」って謝ってました。

 

その時は私も接客中で対応できなかったのですが、思いだすとどんよりしてしまいました。

 

その前にちょうど、今からの時代、接客業なら最低限の英語はできたほうがいいですよねーと話していたのですが、それを突きつけられた気がします(涙)

 

 

私、5年前くらい前まで、TOEICの勉強する人達(学生は除く)を馬鹿にしてたんです。

とりあえず勉強!自分磨き!って英語が選ばれがちで。

 

了見狭すぎるし、頑張ってる人のことをけなしてたので、反省してます。

 

一昨年、台湾に行った時、若い人達が英語が喋れることに驚き、そして改めて、日本って島国(台湾も島国だけど)で単一民族なんだなと実感しました。

 

旅行の後、英語学ぶ系の本を借りたのですが、全然面白くないし喋れるようになれる気がしないとしか思えませんでした。

 

英語を本気で喋れるようになりたかったら、英語で生活するしかない状況に持ち込むのが一番、手っ取り早いでしょうし(遠い目)

 

しかし今回、心がえぐられたし、このもやもやを払拭したいなら、自分が行動すべきだなーと。

 

いきなり分かるようになるとは思わないのですが、ちょっとづつでいいから接客英語を勉強しようと思います。

 

実際に、お客様が話しかけてくることって、マニュアル通りじゃないことがメインですけど(震え声)