読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがいも不作と運送会社の過酷さ

先日、職場に備品を届けにきた某運送会社の配達員、かなりパンチの効いた人でした。

何と、しょっぱな喧嘩腰。

 

こっちはお客様ですよ!?と居丈高になりたくないんです、私も人間相手の接客業をしてるので。

 

しかし、伝票のサインの受け方から荷物の置き方まで、何ゆえにお前さんはTHEマイルールを貫き通す?

 

朝一からこれはしんどい・・・とちょっと泣けました。

 

じゃがいもの不作と同じくらい、運送会社が悲鳴をあげているとよくニュースで流れていますが、本当に過酷なのだろうな、と思います。

 

私もよく通販を利用するのですが、驚くほど、早く届く会社あるし。

 

・・・うまく言えませんが、早く届くのは嬉しいけど、その反面、

注文して翌日に届くって、どこかにひずみが生まれてる気がして、空恐ろしくもあります。

 

逃げ恥がこんな大ブームになると思っていなかったのですが、逃げ恥に

(恐らく某ゾンを指していると思うのですが)「日本に法人税入らないんで」と炊飯器を通販ではなく、家電店で買うシーンがありました。

 

すっごい通販を利用するのに某ゾンを使ったことないというと割と驚かれるのですが、

税金もですが、送料無料と配達の速さって、どこかにしわ寄せがいってると想像できて、一度も利用したことありません。

 (今は送料無料ラインが変わったそうですが)

 

通販を利用する時、翌日配達を希望するならその分、手数料を取るとか、そんなに急がない人はその意志を伝える機能のようなものができれば、ちょっとは変わるかなと思います。

 

 私一人がやいのやいの言っても始まらないとは思いますが、通販をする際、急ぎでない買い物の時は、急ぎではありません!と伝えたいなぁ・・・。

 

 

しかし、今日のあいつは許せねーーー。

 

今まで、他社の配達員の人達ですが、疲れ切ってる私のメンタルケアまでしてもらったりしてたせいか、余計にチッとなります。

 

でもああいう人って、そのうち、来なくなるから、大丈夫、無問題。