読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

衣替えの季節

職場のお客様が初夏らしい装いの方が増えて、かわいい服を着てる人を見るとチラ見してしまいます。

 

言われつくしたことですが、女性がかわいく見える服ってシンプルな単色の服ですね。

そして、バックは小ぶり。

 

今更ですが、これフルラのメトロポリス欲しいんですよね・・・。

偽物やパクったものがたくさん流通してるので、躊躇しますが・・・。

 

 

BAILAに載ってたFENDIの新作、ふわぁぁと声が出たくらいかわいかったけど、ふらりと買えるお値段じゃなかった件。

 

FINDIといいGUCCIといい、ノームコアの反動みたいなゴージャスなデザインが多くて、見てる分にはすごく楽しいです。

 

 

自分、元キューティーっ子で、

『奇抜な服はブスの隠れ蓑』といわんばかりに、すっごい服を着てました。

 

柄トップスにブルーのパンツとか・・・で、大中で買ったさくらんぼのピアスしてるという。

 

亜熱帯地方の食べれない魚のような配色。

 

こんなジャケットも、デニムではなく、ショッキングピンクのパンツ合わせてた☆

 

 

おしゃれなんてそれでいいのですが、自分が良けりゃそれでいいのだ全開でした。

(今もそうだけど)

 

これもあるあるですが、自分はシドヴィシャス的パンクな格好してるのに、好きなタイプの女性な女子アナという男性も何人も見たな・・・。

 

当時はめちゃくちゃだろう!と噛みついてましたが、根っこが真面目というかコンサバな、健康的な男性達だったんだろうなと思います。

 

衣替えをしていて思ったのですが、そんなに欲しくない服を買って溜め込むって、自尊心が低いとか心の欠落を埋めるとか、

・・・

 

20代の時は、考えなきゃいけないことがあるのに、それを見ないようにするため、

30代前半は、これを買ったら素敵な自分になって幸せになれるんじゃないか?という希望で買い物をしてたので、

 

そりゃあ無駄になるし、空しいし、ストレスになるよねぇ・・・。

 

これから、特に服を買う時は、一着買ったら一着処分するを徹底してみようかなと思います。

 

そうしたら、クローゼットがすっきりなって私、幸せになれる!みたいな変な希望的観測を持ち込むと、

気に入ってる服や必要な服まで捨てる的なことになっちゃうぞ♡私♡

 

スピに嵌って、お金はそんなに持っていかれませんでしたが、時間というお金で買えないものを持っていかれたな・・・。

 

昔、そんなつまらない生活なんてぞっとするわーとディスっていた、

仕事して料理して掃除して、明日の為の準備をして寝るという生活をしていますが、

なかなかガッツが必要です。