読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読みたいけど、買わない

 

すっごい好きだった光浦さんの本。今も好きですが、昔ほどでもなくなりました。

テレビブロスの傷なめ倶楽部に投稿が採用されたことあります(自慢) 

 

光浦さんの著書、ほとんど持ってましたよ。

 

↑えっ800円!?

 

 

 

しかし、この本が発売された時、ここまで大久保さんがブレイクするとは思ってなかったです。

 

この本で、『40歳で女ケーシー高峰、狙っていこうと思います』と書いてあったのですが、まさにエロキャラで。

 

こんなに引き寄せを体現した人を知らないです。

 

 

エッセイといえば光浦さんの方が連載も多く、長く執筆されてますが、大久保さんのエッセイも面白いです。

 

 

とにかく!オアシズのお二人の本はほとんど所有していたのですが、本棚で嫌な念波のようなものを発するようになり、クローゼットに収納していました。

 

それでも、邪悪などす黒いオーラが感じられて、すごいんです。(褒めてる)

 

私が何歳だったか忘れたけど、「いや、私、結婚したいわ!!!」とその本達をブッコフに持っていきました。

 

書店で買って、お二人のご飯の一部に、否!!!

 

光浦さんの手芸用品の一部に、

大久保さんのラブジュースでの飲み代の一部になったと思うので、本望です。

 

結果的に、その御本達を所有してようが手放そうが結婚できなかったので、持ってても良かったと思いますね・・・。

 

TVに出てる所謂、ブスキャラの人達って実際に会うとブスではなく、普通の清潔感のある女性らしいのですが、お二人もまさにそのタイプだと思ってます。

 

同世代の男性、女性より圧倒的に稼いでて、友人達がおり、自分の居場所もある女性芸人さんなので、見てて安定感があります。

マツコ同様、芸者として[もてない女]を華麗に舞ってらっしゃる。

 

東京ならトークショー等々にさっと参加できますが、地方にいるとなかなか。

 

光浦さんの手芸三部作は、エレジーなエッセイと共に、的な紹介をされがちですが、

今度は本気のTHE手芸本を出して欲しいです。