元キューティーっ子アラフォーの彷徨い

シンプルに『しまむらで服を買わない』って書いた紙をPCの前のコルクボードに貼っています。

 

今まで散々、ファストファッションで散財したもん・・・。

 

しかし先日、しまむらで買った白のレーストップス、好評でした。

私の褒めてぇーーーオーラに周りの人達が答えてくれただけかもしれないけど(恥)

 

羽織っていったロイヤルブルーのニットもしまむらで980円だったのに、

綿50%アクリル50%で、着心地の良さと洗濯の耐久性を兼ね備えてるんですよ・・・。

 

やべーやべー、舞い戻りそう・・・。

 

―落ち着いて―水出し緑茶を飲みました。

 

アラフォーってファッション難民になりがちな年代だと思いますが、

元キューティーっ子も無難なファッションに落ち着いているんだと思われます。

 

それかファッション系の仕事に就いて、今も着たい服を着ているとか。

 

私、10代後半から20代前半、まともな日常生活を自分を着飾る行為にレ×プされたような日々だったんです・・・。

ルックスがよくないというコンプレックスと自意識が逆噴射した結果なんですが。

 

 

CUTiE、休刊直前、AKB系列の子?がモデルしてたと知って、往年のキューティーっ子としてはちょっとぐったりしました。

  

ダイエットのモチベーションが、かわいい服を着たいというプリミティブなものに帰結しちゃったので、

(あとドカ食いしてる自分が辛いし、THE自己憐憫ですがかわいそうに思えて)

 

久保ミツロウ氏ツイートより引用

 

Return to myself...1日の9割は誰からも愛されない普通の中年女性として生きる日々...uh

 

 自分で自分を肯定できなくなるって、辛いですけん。

 

クローゼットを本格的に衣替えしつつ、これからどんな服着ようとおろおろしていたのですが、図書館で見つけました。

 

 

これ、買おうか迷って予約したのですが、これまた散々待たされてキャンセルした本でした。

 

でも今、このもやもやとした気持ちにジャストフィットな内容でした(感涙)

 40手前で[クローゼットの新陳代謝を考える合図]なんだなと。

 

断捨離やシンプルライフとは逆行しちゃうけど、先日、姿見のミラーを買おうと決意しましたが、先に拡大鏡を買おうかなと思います。

 

あとはアクセサリーも見せる収納というより自分が見える形での収納方法を考えてみます。

 

予約が回ってこなかった時はイラッとしたのですが、このタイミングでこの本を読めてとても良かったです。

 

 これと一緒に読むと相乗効果で更にいいかも?と思ったのですが、へりくだる訳じゃ無く、アラフォーって気力体力も読解力も落ちてるからなぁ・・・。

 

これも良本でしたが、一気読みする必要なないかも(汗)