神道に学ぶ幸運を呼び込むガイド・ブック

この文庫、売ってしまってもう手元にないのですが、良本だったんだなと改めて。

 

普段、守ってもらってることに感謝しに行くとか、

何も起こらない日々が神様のご加護です、みたいなことが書いてあって、

当時は確かにそうだけど、何か叶えたいことがあるから行くんじゃん(怒)と思ってたなぁ。

 

 

私、縁結びの神社によく通っていたのですが、当時、好きだった人とは何も起こらず、むしろ付きあってもいないのにモラハラめいたことをされて、

男性恐怖症っぽくなりかけました。

 

職場の上司だったのですが、私が退職した後、友人に上司にされたことを、話を盛らずにありのまま、話したら絶句されたくらいのモラがハラった言動。

 

・・・でも先日、産土神社に行って、やっともうすべて過ぎたことだと思えました。

 

choco168.hatenablog.com

 

とりあえず、その男の話は置いておいて。

 

私のTHE我欲のせいで、最後に無礼なことをしてしまった女性社員には申し訳なかったです。

上司が私より彼女に好意を示していたのは、私より男性ときちんと向き合ったことのある女性だったからと今は分かります・・・。

 

本当に申し訳なかったの一言です。

 

あと、一緒に店舗を廻していた社員は、とにかく優秀な人なので、何がしかのチャンスが彼女に巡ってくるようにお願いしてきました。

それこそ、余計なお節介で、私のそういう所が疎ましかったと思いますが(滝汗)

 

もう・・・本当にごめんねと思います。

 

一緒に働いた人達全員に迷惑をかけて支えてもらっていたんだなと、改めて感謝しています。

 

思いだしただけで口の中が塩っ辛くなるような変な人もいたし、オープニングから長く一緒に働いたにも関わらず、何も思い浮かばない人もいます。

 

あれはああだったから、あれはこうだったから、と愚痴愚痴と言い訳したり、

逆に迷惑をかけたのに済んだこととして開き直っていいのかな?と罪悪感があったのですが、

 

もうすべては過ぎたことです。

 

元上司も、せめて健康でいて欲しいなぁが去年の今頃、地獄へ落ちろ!に変わってしまったのですが、それももう、一年も前のことで(汗)

 

もう二度と会いたくないし関わりたくないのですが、それでもまぁ幸せに暮らして欲しいです。

私が幸せにならない限り、本気でそう思えないんじゃ?と思っていましたが、

何をそんなに堅苦しく考えてたんだろう(汗)

 

 もう本当に、すべて過ぎたことと思えてよかったです。

 

自分、生き方というか考え方を変える時期にきたのかも・・・と思いました。