?

 

この本、エビデンスが明らかであるとのことで予約して図書館で借りたのですが、いまいち、わかりませんでした。

 

論文の引用元や実験の数値などを細やかに開示して欲しいわけではないし、

私が文章を読み解けてないのか?と思いましたが、普通過ぎるくらい普通のメンタルヘルス本で。

 

読みにくくて分かりにくく、1/4ぐらいで読むの止めました(汗)

 

あまり不必要に本を読まないと決めた中で、評判が良かったので読んでみよう、と変に期待しすぎてたのも原因かもしれません・・・。

 

  

上記の本のように、色々な人がでてきて対処法が書いてある訳ではなく、

ある意味、一男性の回顧録ですが、こちらの方が読みやすくて分かりやすいと思いました。

 

瞑想というかマインドフルネスのやり方や効能を知りたい方におすすめです。

あとスピで人生をおかしなことにした人にも。

 

 

 

去年は図書館でブラウジングで本を借りないことにしたのですが、やっぱりその縛りを再開しようかなと思いました。

 

というのも、上記の本を借りようと久しぶりに図書館に行った時、ほぼ無意識に自己啓発系の棚を眺めていて(滝汗)中をチラ見して、げんなりして。

 

あぁ私、自分から不快なものに寄っていってるじゃん!と驚いたのですが、

私の中の大阪のおばさん(?)が

 

[気持ちは分かるけど、もうええがな!]

 

 

と突っ込んでくれました。

 

 

そそくさと帰って夕食を作りながら、

本を読まないのも結局、パソコンを立ち上げてしまうので、眺めるだけで楽しい刺繍の本を中心に借りようかなと思いました。

 

視覚聴覚から受けるものって、普段の生活に影響してるんだろうなと思ったら、

本当、習慣や無意識って怖い・・・と改めて感じました。