買い物依存症OLの借金返済貯蓄実践ノート 西村優里

 

図書館でふらっと予約して借りた本です。

 

私は昔から、貯めるのも使うのも好きなので、借金を作ったことはありません。

 

でも軽い依存症レベルで服や靴、バックを買い漁っていた時期はあります・・・。

30歳の時、その軽い依存症レベルの時期に買ったものはほとんど残っていないことに愕然としたなぁ。

 

あと田舎住みなので、車は一人一台という環境なのに、車を所有したことがなく(汗)お金が貯まりやすかったんだと思います。

あとずっと実家暮らしだし(遠い目)

 

家にお金を入れるのは当たり前と思っていたので、額はね・・・

結果的に一人暮らしからすると超微々たるものですが、働き始めてからずっと入れていました。

 

そのお金も含めて、20代後半で短大に行かせてもらったので感謝してます。

 

この本は、100万から500万レベルの借金があって、それを返したい!と思ってる人には響く内容だと思います。

 

スピ系のワークの如く、色々と考えたり記入したり計画したり振り返ったりすることを提言してありますが、

買い物依存で借金ができた人はそれくらい自分と向き合わなきゃ、今までの行動(浪費)を変えることができないんだと思います。

 

・・・私も今までの思考の癖を変えたいなら、それくらいしなきゃいけないんだろうな。

 

私はとりあえず、この本を読んで、預貯金が分散しがちなのが気になっていたので、

預金は楽天銀行に一本化しました。

 

こういう時、ネット銀行、便利。

 

以前はSBI銀行のハイブリット預金が利率もよくいつでも下せてお得だったのですが、マイナス金利政策でうま味がなくなったので、

楽天銀行楽天証券を開設して、マネーブリッジ申し込みで0.1%になる楽天銀行が私に取ってはよい預入先です。

 

地銀はお給料の振込先にしているのですが、これ、楽天に変えたいなぁ。

ネット銀行と比較すると、利点が皆無に等しい(汗)

 

・・・もし転職した暁には、その会社では楽天銀行にしてもらおう(苦笑)

 

楽天銀行に貯蓄を一本化するのは少々怖いですが、1000万超える資産とかないし。

 

わしわしといろんな思いがわきあがってきたのですが、やっぱりもっとお金を稼ぎたいというか、

せめて準社員扱いの職場に行きたいし、行かなければ!という思いが強くなりました。

 

お金を貯めるのは好きですが、結局、生活に切羽詰まったことがないし、

一人暮らしで計画立ててお金を管理したこともないし、

めっためた甘いです。

 

うーん、だめだネガってきた、寝ます。

いや違う、ゆっくりお風呂入って寝ます。