小泉放談 小泉今日子&サブカルで食う 大槻ケンヂ

 

キョンキョン・・・ねぇ・・・って感じで、アラフォーだと世代もずれてるし、あまり興味のない人だったのですが、

この対談集は面白くて、買ってしまいました。

 

全盛期も知らないし、自分をお高く見積もって自信満々の芸能人というカテゴライズで、

中谷×紀と同じぐらい、苦手な芸能人だったのですが、

 

第一線で各々のジャンルで活躍している人達との対談なので、プライド高い内容で、読んでて痺れました。

 

やっぱり、その世界で10年単位でサバイブしてる人って、何かあるのかも。

 

まだざっと流し読みした状態なのですが、もっとじっくり読みたいです。

 

ワインと共にw

 

 

 

 

 

元は白夜書房から出版されてたんだw

 

 

オーケンも、面白くて何度も読み返した本も多々、あるものの、こちらが大人(?)というか、

自分を押し付けてでも周囲合わせなきゃいけない気味の社会人として生活するようになてから、

特に興味が薄れました。

 

 ピーターパンシンドロームと言うか、大人にならなくて済むような道を選んできました、みたいな。

 

でも、サブカルと言う言葉ができる→廃れるまでを生きてきた生き字引wみたいなオーケンの言葉は染みました。

 

そして、自分の関わるシーンを底上げしたいという心意気で、今までやってきたんだなぁと、

あまりそういう熱い部分は語ることがなかったのですが、小泉今日子同様、

50歳過ぎると、今まで隠していたり語らなかったことも、教えてくれるようになるのかなぁ。

 

 

マクロミルで貯まった500ptを現金に換える手続きをして、まだ振り込まれていないのですがw、ついこの2冊の文庫を買ってしまいました。

 

しかも、2冊買えば、500ptじゃ足りませんけれども(汗)せこい損得勘定で、買ったり買わなかったりしていたより、すっきりとお金を払えました!

 

何だか、妙なこだわりで有意義にお金を使ったつもりが失敗していた件が多いので、もう一度、フラットな気持ちでお金を使えるようになりたいです。

 

あとAmazonのアカウントも取得したのでw、やっぱりキンドルデビューかなー。

 

脅されてデビューする訳じゃないのでw、もっと色々とリサーチします。