ババンギャの戯言

先日、丸一日半、阿佐ヶ谷姉妹の美穂さんにおけるみほシャットアウト、

 

あと仕事が続いて疲れた時などは1日中家の布団から一歩も出ず、

何も喋らず、 ひたすら寝て、近くにあるものを食べ、また寝るというみほシャットダウン状態になります。

 

 

とほぼ同じ症状でw、阿佐ヶ谷姉妹とV系、あとホストwのYouTube動画をひたすら、ぼんやりと見続けました。

 

V系の動画を見ていたからなのか、ホストの番組がおすすめ動画に表示されてみてみたのですが、

 

渚光というホストが、複数人で対談してる中で、面白くて場を回して、って接客のプロだなーと感心しました。

 

ゴリゴリのホストな風貌なのに、源氏名の渚がスピッツの渚からとったということも地味に受けたw

 

そして、ネオホストとかいうカジュアルな人達とは逆行した、THEホストを貫いてるルックスで、 見た目がバンギャが好きそうなタイプだなぁとも感じました。

 

V系とホストってお隣さんっつうか癒着っつうかw、不思議な関連性はあると思うのですが、

 

私はホストみたいなV系(や、アニメヲタっぽいV系)が好きだと思われたくないのでバンギャあがった子です。

 

今のV系って細分化しすぎてて、当のバンギャも部外者も訳の分からないことになってるのと、

今のバンギャって、何を追っかけることが好きなので、実は対象は何でもいいっぽいし。

 

 

  

 

以前、清春がティーエムレボリューションの人の番組で

 

『同世代のバンドマン、ほぼいなくなった。西川君、hyde君、sugizo君、数えられるほどしかいない。』

 

と悲しそうな微妙な顔で言っていたのを覚えていたのですが、

 

sugizo氏との動画を見てたら、同世代がサバイブして未だに一緒に共演できることが、すごく嬉しいのかもと感じました。

 

私、世代的にばっちりなはずなのにルナシーかすってもいないのですが、 sugizo氏のすっごい渋いおじ様っぷりに痺れましたw

 

 


2017/11/29 SUGIZOさん清春さん『VOICE』ついて語る(無料放送分ニコ生)

 

改めて、私が所謂、V系の源流wを好きになった頃って、バンギャって言葉もなければ、むしろビジュアル系って言葉もなかったよ。

 

90年代のゴリゴリのゴシック、

昔のった杵柄じゃないけどさ、50代手前にしてゴスなんだ、年季の入ったゴスっていうかさ。

 

それが好きだったんだよねぇ・・・。文系女子つうか、美大生が好みそうつうか。

 

25年間、音楽をやり続けてるのをリアルタイムで見てるのですごさも分かるし、

異性なので清春sugizo両氏は触発される媒体ではないと思っていたのですが、

 

私なりの美学を貫いて生きた方が、死に前に後悔は少なかろうて、と思いました。

 

 もう、ビジュアル系バンドブームなんて、100年経たないとこないだろうな。

 

自分がこよなく愛していた時期のビジュアル系を後世に残したいという、たいそれた願望が沸きましたw