今更ですが。

私、ニベアのリップクリームがあまり唇と相性がよくなかったのですが、

 

先日、大人気のニベア リッチケア&カラーリップをふらりと買い、つい2本目も買ってしまいましたw

 

 

近所のドラッグストアにテスターが出ていて、「おおっ」と食いついてしまい、

まんまとボルドーを。

 

プチプラコスメは買わないだのデパコスは買わないだの、わーわー言うとりましたけど、みたいな(汗)

 

秋口はブラウンやボルドーに心惹かれますが、今年のTHEブラウンの口紅推し、

 

目鼻立ちの整った人じゃないと、ちょっと赤みのある程度のTHEブラウン(しかもマット)は似合わないと思う・・・。

 

ちふれの701番的な(うろ覚え)口紅がSNSで大人気になって、こういうブラウンが流行る下地はできてたのかなぁ?

 

ニベアのカラーリップは、明日から職場の制服のポッケに、モアリップと共に常備しまっすv

 

 

何か、先日の会議参加で、めっちゃくちゃどんよりしたのですが、

先のことを考えて怯えて凹んでも、どうしようもないです。

 

手放した本なのですが、今、某ゾンで中古値上がりしてる・・・。

大和書房さん!文庫化希望!

 

 

マインドフルネスがブームになる直前ぐらいに出版された本なのですが、

 

著者のダンハリス氏が元々、自己啓発本やスピに懐疑的で、超絶疑いまくりつつ、

 

今、を感じる ことを会得していく内容です。

 

ありがたいことに近所の図書館に蔵書があるので借りて読み返していたのですが、

 

会議中の休み時間、めっちゃキレてパートさんにいきがったことを言った自分が恥ずかしい・・・。

 

年も3歳くらいしか違わないのに、その後の対処が超絶大人だったんだよなぁその人(恥震え)

 

簡単にですが上記の本を読み返してみて、著者と私は比べ物にならないけど、刺激に対して同じような反応をしていて、

 

ああっとにかく、現時点で大騒ぎするのは止めよう!!!と強く思いました。

 

かなり読みこんだ本だったのと、マインドフルネスが安っぽい自己啓発の題材に使われるようになり手放してしまったのですが、

 

こうやって、ガーーーンという人生の壁にぶち当たった時に、すぐ読み返せるように手元に置いておくべき本だったのかも、と思ってます。

 

書店でも取り寄せ不可と言われたし、

とりあえず、ブックオフオンラインに登録してみたのですが、再入荷しますように(切実)

 

恐ろしい未来予想図は、私の頭の中をぴょんぴょん跳び回るただの思考に過ぎない。

突拍子もない考えというわけでもないが、だからといって本当のことでもない。

 

そうだよなぁ・・・。

 

それを噛み砕いた言葉が、この御本の

 

 

阿佐ヶ谷姉妹の姉、江里子さんがIKEAのおしゃれ家具の組み立てに四苦八苦し、

 

ここでIKEAと別れたら、一生、おしゃれな人生なんて来やしない。

諦めたら負けだわ!

 

今、冷静にみれば、単なる頭に血の昇ったおばさんです。

 

 

今、冷静にみれば、単なる頭に血の昇ったおばさんです。

 

シンプルですが、怒りっぽいアラフォーは腕・・・二の腕に彫るべきかもw

 

これからクソ面倒なことになるかもしれないし、意識高い系社員の戯言で終わるかもしれないし、

 

今、ここを意識して過ごそうと思います。

 

あと人生って、真面目に生きいていてもとんでもないトラブルに巻き込まれることってあるんですよね(汗)

 

そういう時ってやっぱり支えが必要で、

 

書きだすと長くなりそうなので、端的に言えば、若い女子は、この人とならタッグを組んで生きていけそう・・・・!という人に優しくして欲しいです。

 

若くない女性だってそうあるべきですが、長くなるのでここらでドロンさせて頂きたい!(華丸さん風に)

 

台風が日本列島を縦断する進路を取っているので、皆さま、くれぐれもお気を付けください。